ビジネス運営のためのサポート資金!受ける条件とは?

事業経営初心者がビジネスサポート資金を得るため政策金融公庫を利用する際のポイント

政策金融公庫は事業経営者なら誰でも利用できるのか?

政策金融公庫は、新規事業を立ち上げる人を特に支援しており、新規創業融資に力を入れています。さまざまな企業の促進が無いと日本経済の発展や税収の回収をし難くなるのが、主な理由です。ちなみに、新規創業融資は申込を行う事業経営者の信用力が審査の対象となります。これまでの事業実績や経歴以外に、担保が無くても中長期的に黒字化が見込める場合に融資が受けられます。年利は約2から3パーセントであり、サポート資金返済の負担は少なめな傾向です。

既存企業への支援もしており、新規事業拡大や事業発展を図るためのサポートも行います。利子が1パーセント未満のメニューがあり、利率が低いのも頼りになるポイントです。固定金利なので、景気などに合わせて返済額が変わりません。

なお、最長の返済期間は運転資金で7年、設備資金は20年となります。各種返済をする際、事業経営が良く資金に余裕ができた場合は、繰り上げ返済ができます。負債を抱える期間をできるだけ短縮したいなら、利用するのもアリです。ただし、期限前弁済手数料制度が発生するので、別途手数料の支払いが要ります。低金利が目的で利用する場合は、却って損になるかもしれません。事業を立ち上げたばかりのケースや経営悪化で返済が難しい場合は、据置期間の申請ができます。期限内は利子のみ返済を行い、ゆとりが持てるようになれば元金返済を始める仕組みです。

他にも、ビジネスサポート資金以外に事業経営者を支援するサービスがあります。賢い活用を行い、事業経営の発展を目指しましょう。



TOPへ