ビジネス運営のためのサポート資金!受ける条件とは?

事業経営初心者がビジネスサポート資金を得るため政策金融公庫を利用する際のポイント

先ずは政策金融公庫の仕組みを確認しましょう

利用は誰でも可能なのか?

銀行をはじめ金融機関でビジネス資金サポートを受けたい場合でも、審査で落ちてしまうケースはあります。特に新規事業を始めた人は、実績が無い分融資を受けられる可能性は低い傾向です。政策金融公庫は、融資を通じて新規事業者を支援する役割を担います。

事業融資であれば、小規模事業者をはじめ事業経営者向けに融資の提供を行います。金利も低めに設定をしているうえ、可能な範囲で返済の融通が利くのも心強さを得られるポイントです。中小企業向けの経営相談もしており、事業の発展や設備投資などの強化支援を図ります。

事業計画が明確でなかったり、売り上げが出る可能性が低かったりすると判断された時は融資が受けられません。他には、各種税金や光熱費などの支払い遅延があれば、審査でマイナスになります。

どのようなサービスがあるのか

民間の金融機関では難しい創業や事業再生のサポートを、政策金融公庫なら応じてもらえるかもしれません。ビジネスサポート資金確保をはじめ、複数のサービスがあるので確認しましょう。

起業資金確保以外に事業開始後7年以内の資金調達を図るなら、新規開業資金。融資限度額は最大7,200万円で設備投資なら最大20年以内に完済すれば良し。据え置きの希望にも、最大2年は受け付けているので安心です。女性や若者、55歳以上のシニアが起業したい場合も、支援資金サービスを設けています。

近年では、感染症ウイルスの影響を受けて、経営悪化をした事業経営者もいるはず。政策金融公庫は、特別貸付によるビジネスサポート資金のサービスがあります。上手に活用して、事業経営の発展や回復に繋げましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る