ビジネス運営のためのサポート資金!受ける条件とは?

事業経営初心者がビジネスサポート資金を得るため政策金融公庫を利用する際のポイント

ビジネスサポート資金確保の目的以外の活用法

創業者向け

政策金融公庫をビジネスサポート資金を得る目的で利用するなら、事業性評価の確認は欠かせません。政策金融公庫では、無担保や保証人不要で利用できる場合がありますが、事業性評価が高いと融資が受けられる可能性が高まります。

例えば、自分の職歴や生活面を振り返り、人間力やコミュニケーション力などの確認を行います。経営戦略の観点では、明確なプランや黒字化に繋げるための計画性を伝える必要があります。アイデアを描くのが難しい場合は、日々の仕事や研究で深めていくようにしましょう。

政策金融公庫では、事業資金の申し込み前の相談にも応じてくれます。事業計画の練り直し以外に、資金の返済計画におけるアドバイスを得るのも良いでしょう。自分だけで進めるのが難しい人は、利用するのはいかがでしょうか。

事業経営を始めている人向け

事業経営における往診型ホームドクターの役割を担う政策金融公庫。中小企業経営者を中心に、経営課題の悩みや疑問を解決するためのサポートを行います。

政策金融公庫は、これまで約6万件の相談に応じてきました。実績を踏まえて、同業者比較や損益分岐点の分析など多角的視点で企業診断をします。事業経営者の強みや弱みを確認したうえで、プラスになるためのアドバイスを提供してくれます。

相談を進めると、設備投資や運転資金確保が必要なケースも。必要であればビジネスサポート資金の融資を利用すると良いでしょう。金利が低いため、返済における経済面の負担が少なくて済むはず。また、経営が軌道に乗った段階で元本返済をするのも可能です。賢く活用すれば、事業経営の助けになるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る