ビジネス運営のためのサポート資金!受ける条件とは?

事業経営初心者がビジネスサポート資金を得るため政策金融公庫を利用する際のポイント

政策金融公庫だから安心と考えるのはオススメしない

スタッフに経営スキルはあるけど

ビジネスサポート資金確保をはじめ、事業経営者を支援する役割を担う政策金融公庫。融資担当者や相談スタッフは、経営に関するスキルは少なからずあります。

一方、相談担当者を選べず、自分の事業経営の分野では知識が浅い人に当たってしまうことも。抽象的なレベルでの答えはできても、具体的な疑問や質問をした場合に明確な答えが得られないかもしれません。

資金繰りの苦しい事業経営者がビジネスサポート資金を得たい時、返済計画について明確なアドバイスが得られないと不安になるでしょう。資金調達のソフトも販売しているので、予め活用して自分なりの研究を図るのも1つの方法です。政策金融公庫スタッフに頼り過ぎないで、自分の身は自分で守る作業も事業経営をするうえでは欠かせません。

リスクを少なくするために

事業経営を始めたばかりの人や経営が思うように進まない人は、一度専門家による見直しを図るのもアリです。その分野に詳しい経営コンサルタントやFPのような専門家がいれば、事業経営のアドバイスを受けるのをオススメします。

事業経営を確認したうえで、主に余計な経費を削減したり節税を図ったりするためのアドバイスをしてくれます。賢い活用ができれば、事業経営が好転する可能性が出ます。

資金確保が必要な時は、政策金融公庫でビジネスサポート資金を得るようにすると良いでしょう。運転資金や設備投資で利用する場合に、金融機関よりも返済の負担が少なく、心強さを得られるはず。ただし、経営が軌道に乗るための期限を設けるように利用するのをオススメします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る